英国王室御用達ブランド 完全ガイド

ブランド一覧:服飾品

2015年現在、服飾品&アクセサリーのカテゴリーで、53件のブランドが英国王室御用達の認可を受けています。 その中で服飾品を扱っているブランドで、日本国内で流通しているものを以下にまとめました。

Alexandre of England(アレクサンダー オブ イングランド)

1895年創業、25年間にわたり英国王室御用達の認可を受けているイングランドの紳士服ブランド。トラディショナルなスーツとカラフルなシャツが特徴です。英国の伝統的な優雅さを求める男性をターゲットに、現代的なデザインを取入れた製品を供給しています。

主な価格帯

アウターコート 7~10万
ジャケット 4~7万
スラックス 2~3万
ワイシャツ 1~3万
オースチンリード

Austin Reed(オースチン・リード)

1900年創業。イギリスのトップを走る、フォーマル/カジュアルウェアブランドのひとつです。

主な価格帯

アウターコート 5~30万
ジャケット 3~20万
スラックス 2~5万
ワイシャツ 1~3万
 
バーバリー

Burberry(バーバリー)

1856年創業。イノベーションの歴史とクラフトマンシップ、優れたデザインをあわせ持つ、イギリス発のグローバルブランドです。

主な価格帯

紳士服
アウターコート 15万~
ジャケット10万~
スラックス 10万~
ワイシャツ 4万~
ネクタイ 2万~
時計 10万~
財布 3万~
手袋・帽子 2万~

婦人服
アウターコート 15万~
シャツ・トップス 4万~
スカート・トラウザー 7万~
時計 9万~
財布 3万~
手袋・帽子 4万~

コーギ

Corgi(コーギ)

最高のヒマラヤカシミヤを使用した靴下・ニット製品のブランド。高地に住むヤギの下腹部の毛だけを使い、熟練工がハンドメイドで仕上げています。

主な価格帯

靴下 3千~1万円
 
ダックス

DAKS(ダックス)

100年以上にわたり、品質・信頼性を維持している服飾品ブランド。紳士・婦人用共に、細かい仕立ての衣料品とアクセサリーにおいて、英国を代表するブランドの1つです。

主な価格帯

紳士服
アウターコート 4万~
ジャケット 4万~
スラックス 1万~
ワイシャツ 1万~
ネクタイ 4千~
時計 5万~
財布 2万~
手袋・帽子 1万~

婦人服
アウターコート 6万~
シャツ・トップス 3万~
財布 1万5千~
手袋・帽子 4千~

イード&レイヴェンスクロフト

Ede & Ravenscroft(イード&レイヴェンスクロフト)

1689年創業のロンドン最古の老舗テーラー。3つのロイヤルワラント全てを授かっています。歴代の国王・女王のウェディング用のローブ等の制作のほか、格調高いトラディショナルなスーツのオーダーメイドで、英国王室のみならず、政界やスポーツ界に数多くの顧客を持っています。

主な価格帯

スーツ(既製品) 10万円~
シャツ 1万5千~2万5千円
ネクタイ 1万5千円~
ギーブスアンドホークス

Gieves & Hawkes(ギーブス&ホークス)

1771年創業の帽子ブランドのホークスと、1785年創業の海軍のテーラーとして有名だったギーブスが合併し、1975年にできたブランド。100年以上の間、ロンドン中心部サヴィル・ロウ1番地に店を構えています。現在でも英国陸・海・空軍の制服や、公立学校の制服を製作しており、英国人にもっとも愛されている服飾ブランドの一つとなっています。

主な価格帯

スーツ(既製品) 10万円~
シャツ 2万5千円~
ネクタイ 1万5千円~
ヘンリープール

Henry Poole & Co(ヘンリー・プール)

1806年に軍服の仕立て屋として創業したブランド。ナポレオン戦争時に事業を大きく繁栄させ、その後1846年にロンドンのサヴィル・ロウにビスポークテーラーをオープンさせました。エリザベス女王をはじめ、ナポレオン3世、ウィンストンチャーチルが愛用しており、最高のスーツを仕立てる格式高い高級ビスポークテーラーとして有名です。日本では年に2回予約制の主張オーダー会を開いています。

ジェームスロック

James Lock(ジェームス・ロック)

1676年創業の世界最古の帽子ブランド。英国王室のみならず、チャーチルやチャップリン、ジョンレノン等、数々のセレブリティー達の御用達でもあります。

主な価格帯

フェルトハット 4万円~
ハンチング 1万円~
ジョンスメドレー

John Smedley(ジョンスメドレー)

1784年創業。230年以上に渡り、最高品質のニットウェアーを製造しているブランド。最高品質の厳選された原材料のみを利用し、細かい網み目の超軽量なニットウェアを、他社では真似の出来ない工程で生産しています。

主な価格帯

紳士服
ニットウェア 3万円~
ニットキャップ 1万2千円~
ソックス 4千円~

婦人服
ニットウェア 3万円~
ニットキャップ 1万2千円~

ジョンストンズ

Johnstons of Elgin(ジョンストンズ)

200年以上の歴史を持つスコットランドの織物ブランド。1797年から最高級の繊維を使った高級織物を製造しています。カシミア等の原毛の選定から製造まで自社で一貫して行っており、クオリティーと価格のバランスのとれた高品質の製品の供給を可能にしています。

主な価格帯

カシミアマフラー 2万2千円~
カシミアストール 6万2千円~
カーディガン 3万4千円~
ニットキャップ 1万2千円~

Johns & Pegg

サヴィル・ロウ最古の仕立て屋の一つ。軍服の仕立て屋としての来歴を持ちますが、現在ではビジネススーツ、ブレザー、スポーツコートの仕立てを本業としています。

Kinloch Anderson(キンロックアンダーソン)

1868年創業。キルト、ハイランドドレス、タータン等のスコットランドの伝統衣装を象徴するブランドとして、3つのロイヤルワラントをすべて授かっています。伝統的な衣服から、現代的なスタイルまで幅広いコレクションを展開しています。

Lyle & Scott(ライルアンドスコット)

1874年創業。スコットランド、ホーイック発祥のアパレルブランド。ディティールにこだわった、高いクオリティの製品を生産しています。カジュアルウェアのみならず、広範なゴルフウェアのコレクションも人気があります。

主な価格帯

紳士服
シャツ 1万~1万5千円
ジャケット 1万~3万円
ニットウェアー 1万5千~3万円

ページの先頭へ戻もどる